こんな方は胃内視鏡検査(胃カメラ)を受けましょう

体に不調がなくても定期的な検査をお勧めしています。他のがんと同様に胃がんも初期の場合には自覚症状がないので、早期発見のためには内視鏡検査が必要です。以下のような症状がある方は早急に検査を受けてください。

  • 胸やけ、のど元や胸のつかえたかんじがある
  • 黒っぽい色の便が出た
  • 胃がもたれる
  • 胃が痛い
  • 食欲がない
  • ピロリ菌陽性と言われた
  • 検診で異常が見つかった

なるべく早い段階でがんを発見すること、不快な胃腸症状の原因を発見し治療に繋げることで、皆様のお役にたちたいと思っております。

胃内視鏡検査(胃カメラ)の検査方法

胃カメラ検査は、鼻から入れる経鼻内視鏡、もしくは、口から入れる経口内視鏡を用いて行います。咽頭・食道・胃・十二指腸を直接観察する検査で、5~10分程度で終わります。

経鼻内視鏡

経鼻内視鏡

経口内視鏡

経口内視鏡

胃内視鏡検査(胃カメラ)の注意事項

検査前日の注意事項

  • 前日の夕食は21時までにすませましょう。
  • 水やお茶は飲んでもかまいません。
  • 早めの就寝を心がけて体調を整えましょう。

検査当日の注意事項

ご自宅での注意事項

  • 食事、水やお茶以外の飲み物は禁止です。
  • 普段服用している薬や、その情報が分かるお薬手帳を持参ください。
  • 心臓、血圧、喘息の薬はご自宅を出る前に服用してください。
  • 検査当日の朝は、糖尿病の薬は服用しないでください。
  • 楽な服装でご来院ください。

検査後の注意事項

  • 食事や水は1時間後から可能です。
  • 安定剤を使った場合には、院内で1時間程度お休みいただきます。
  • 安定剤を使った場合には、当日に車やバイクを運転しないようお気を付けください。
  • 安定剤を使わない場合には、検査終了後休む必要はなく、運転も可能です。
  • 経鼻内視鏡の場合、鼻は強くかまないようにしましょう。