当院からのメッセージ

当院は、昭和から平成に元号が変わる年に「医療法人昭平会 平川内科」として開業して以来、志布志の皆様に密着した医療を行ってまいりました。
そしてこの度、2018年7月に「平川やの胃腸内科」へ名称を変更し、新たなスタートを切りました。消化器内科のみならず総合的な内科診療を通じて、引き続き皆様の身近な“かかりつけ医”を目指してまいります。

「患者様・ご家族様にとって満足してもらえる、医療活動を通して地域が元気になれるようにお手伝いする」の理念のもと、職員と共に、皆様一人ひとりによりそった医療に努めてまいります。

当院からのメッセージ

当院の特色

“お腹の検査”を行います
“お腹の検査”を行います

胃カメラ・大腸カメラやエコー検査などの“お腹の検査”と、大腸ポリープ切除などの治療に力を入れています。

負担が軽い内視鏡検査
負担が軽い内視鏡検査

負担が軽い内視鏡検査を目指すため、鎮静剤の使用や、鼻から入れる内視鏡・径の細い大腸内視鏡を導入しています。

日曜日でも検査可能
日曜日でも検査可能

平日に検査を受けられない方には、第3日曜日に“お腹の検査”を受けられるように対応いたします。

女性医師も在籍
女性医師も在籍

女性医師による検査にも対応いたしますので、ご希望の方はお知らせください。きめ細かな診療を心がけてまいります。

一般内科診療にも対応
一般内科診療にも対応

高血圧症や高脂血症、糖尿病といった生活習慣病などの一般内科診療にも対応いたします。

待ち時間短縮と情報発信
待ち時間短縮と情報発信

待ち時間短縮のために予約システムや電子カルテを導入し、また、待合室では診察の順番や当院からのお知らせ、医療情報をご案内します。

院内紹介

ロゴマークに込めた想い

ロゴマークの構成

銀杏のモチーフ

銀杏のモチーフ

当院を表しています。患者様の悩み事が快方に向かうこと、新たなスタートをきって将来に向かうこと、という2つの意味を込めてグラデーションの配色を使用しました。

銀杏のモチーフの下のタイル

銀杏のモチーフの下のタイル

30年にわたって志布志に根差した診療を行ってきたことから、銀杏のモチーフの下には、志布志、志布志湾をイメージしたタイルを配置しています。